伝説のスケートボーダーのTony Hawkがスケートが上手いと思うラッパーを発表

Writer: 渡邉航光(Kaz Skellington)


 

tony-hawk

 

世界で最も成功したといっても過言ではないプロスケートボーダーのTony Hawk(トニー・ホーク)。数々と自分のゲームを出したり、Birdhouse Skateboardsを立ち上げたり、スケートボードアイコンとして一世風靡した彼であるが、若い世代にも目を向けている。そんな彼がインタビューにて「スケートが上手いと思うラッパー」について話している。

最近スケートしているミュージシャンが多いが、誰が上手いと思う?リル・ウェイン、タイラー・ザ・クリエイター、ジャスティン・ビーバーの中からだと誰?

と聞かれ、その中の候補を無視し、彼は好きなスケーター/ラッパーとしてHopsinをあげた。

Hopsinはメジャーなどからリリースしていないため、知らない人も多いだろう。自身のレーベル「Funk Volume」から数々のリリースをしてきたラッパーであるが、メジャー並のクオリティを保ち、数多くのファンを魅了するラッパーである。彼は様々なMVでスケートスキルを披露しており、確実にラッパーの中ではトップスケーターに入るであろう。下記のMVの2ndヴァースでは360フリップ、フロントサイドヒールフリップ、バリアルヒールフリップ、ハーフキャブフリップなどを披露している。