長年2Pacとコラボをしてきた「Thug Life」と「Outlawz」のBig Sykeが48歳で亡くなる。

Writer: 渡邉航光(Kaz Skellington)


 

syke7f-2-web

 

またウェストコーストレジェンドが一人亡くなってしまった。

2Pacの長年の友であり、コラボレーターのBig Syke(ビッグ・サイク)がロスアンゼルスの自宅で亡くなっているのが発見された。原因はまだわかっていないらしく、警察によると事件性はないとのこと。元々心臓や肥満の問題があったためと考えられている。

 

Big SykeといえばThug LifeやOutlawzの一員として、数々の2Pacの曲に登場した重要人物だ。2Pacのファンであればこの曲たちに出てくる彼の声は一度は聞いたことがあるだろう。

 

 

1992年に2Pacと出会い、Thug Lifeのメンバーとして活動し、Thug Lifeが活動休止した後も2PacとOutlawzを組み、さまざまな作品に参加してきたBig Syke。Outlawz時代はMussoliniという名前で活動してきた。2Pacの兄弟Mopreme ShakurとBig Sykeが2Pacに捧げたヴァースを聞くと、彼がいかに2Pacをリスペクトしてたのががよく分かる。

 

You’ll carry on after the cowards are long gone  / wish I could bring you back / Trade places as a matter of fact

(お前を攻撃した)臆病者たちがいなくなってもお前の魂は進み続ける。お前をこの世に戻ってくると願っている。むしろお前と代わってやりたい。

 

Rest in Peace Big Syke

 

ライター紹介:渡邉航光(Kaz Skellington)

カリフォルニア州オレンジカウンティー育ちのラッパー件、Steezy, incの代表。英語でラップをする。FUJI ROCK 2015のルーキーステージに出演したumber session tribeのMCとしても活動をしている。