もし生きていたら38歳になっていたR&Bレジェンド「Aaliyah」。若くして亡くなった彼女のトップ5ヒット曲

 

2001年8月25日

音楽業界は一人のスターを失った。90年代のR&Bに明るい人であれば「Aaliyah(アリーヤ)」を知っているだろう。90年代のR&Bに革命を起こした「プリンセス・オブ・R&B」が飛行機事故により亡くなったときはわずか22歳であった。22歳の若さにして世界で3200万枚ほどのアルバムセールを誇っており、彼女の影響を受けていない現代のR&Bアーティストはいないとも言われている。そのように考えると、あまりにも若く亡くなってしまったR&Bのプリンスとも言えるかもしれない。

そんなアリーヤだが、もし生きていたら38歳になっていた。そんなアリーヤのキャリアを祝うために彼女のビルボードトップ5ヒットを紹介したいと思う。まだ彼女のことを知らなかった人は是非これを聞いて導入としてほしい。

 

5. The One I Gave My Heart To


1997年にリリースされた2ndアルバム「One In A Million」からの1曲。ビルボード9位を記録したこの曲は「別れ」を題材にした曲となっている。

 

4. At Your Best (You Are Love)


アイズレー・ブラザーズをサンプルしたこの曲。この曲をリリースしたときのアリーヤは14歳なのだが、とても14歳の風格ではないと感じる。デビューアルバム「Age Ain’t Nothing But a Number」に収録されているのだが、このアルバムの大半はR. Kellyがプロデュースしている。

 

3. Miss You


Miss Youはアリーヤが亡くなってからリリースされた曲であり、このビデオではトリビュートとして仲良かったDMX、Timbaland、Missy Elliotなどのアーティストがゲストで参加している。冒頭ではDMXが「あなたはこの世に降り立った天使だった。だから神はあなたを近くに呼び寄せたかったのかもしれない。」と語っている。

 

2. “Back and Forth


彼女のキャリアはこの曲からはじまったと言っても過言ではない。デビューアルバムからの1stシングルとしてリリースされたこの曲はビルボード1位を獲得した曲となった。R. Kellyがとても短いヴァースを披露している。

 

1. Try Again


Timbalandプロデュースの「Try Again」。ピークではビルボード1位と獲得し、31週チャートに残り続けた大ヒットとなっている。彼女が主演をつとめた映画「Romeo Must Die」のサントラにフィーチャーされ、同じ主演であったJet LiもMVに登場している。

 

現在も生きていたら38歳になっていた彼女は、音楽業界のベテランとしてどのような影響をもたらしていただろうか?アーティストとしてどのような進化をとげていただろうか?その答えは誰にもわからない。「Rock The Boat」の撮影のあと、予定していたフライトではなく、フライトの時間を早めたのが原因で亡くなっているのだが、もしかしてそれが運命の分かれ道というものだったのかも知れない。どちらにせよ真の才能を持ったスターの楽曲を聞き、彼女の功績を讃えるのが大切だと感じる。