70〜80年代に流行った「ローラーディスコ」って知ってる?

Writer: 渡邉航光(Kaz Skellington)


ローラーディスコ

http://www.vintag.es/2015/06/rollermania-45-interesting-pictures-of.html

 

個人的なことになってしまうが、私は最近あまりクラブに行かない。

それは何故かと言うといわゆる一般的なクラブは、流れている音楽が騒げるような音楽が多く、じっくり「ファンキーな音楽」を楽しめる空間が少ないと感じるからだ。多分私が求めているのはいわゆるSoul Trainのような「ディスコ」的な物なのだろうと感じる。楽しく踊る時、ブラックミュージックのグルーヴに勝るものはないのだ。

関連記事 : Funkと社会。ドキュメンタリーの解説と王道ファンク紹介

昔のファンクミュージックが流れていたディスコを思い浮かべる時にいつも脳裏によぎるイメージがある。

それはローラースケート

そう、昔はローラースケートをしながら音楽を楽しむローラーディスコというものがあったのだ。実際日本にどのぐらい合ったのかはわからないが、欧米では70年代後半から80年代にかけて流行った遊び方なのである。下記が分かりやすいイメージである。

最高ではないか。

Earth Wind & FireのBoogie Wonderlandで踊りながらローラースケートをする、そんなブギーな体験は中々できないであろう。酒飲んでクラブでナンパする人々を見るよりこのような音楽遊びをしたい!と思っていた中、2015年の夏にロサンゼルスで超イケてるイベントがあった。

 

Ray-BanとBoiler Roomの共同イベント


にてなんとローラーディスコを再現しているのだ!

しかもDJが、Dam Funk、Snoop Dogg、DJ Quik、Thundercat

最強にファンキーなイベントである。YouTubeで当日の様子がアップされているので雰囲気を楽しむことができるので是非チェックをしてほしい。

良い音楽でローラースケートをし、さらにブラックミュージックの繋がりを啓蒙する。このようなイベントをいつかPlayatuner主催で企画してみたいと感じた。

関連記事

伝説のプロデューサーQuincy Jones「ミュージシャンになる前は、ギャングスターになりたかった」

Questlove「Childish Gambinoの新譜が衝撃すぎて朝4時にD’Angeloを起こしてしまった」

この記事を気に入ったらLike!

playatuner side banner

いいね!して、ちょっと「濃い」
ヒップホップ記事をチェック!