RZAがマーベルの「アイアンフィスト」のエピソードを監督!彼の監督としてのキャリアとは?

ヒップホップのカンフーマニア

と言ったらRZAであろう。Wu-Tang Clanのリーダーでもある彼の才能は音楽だけにはとどまらず、映像にも羽を伸ばしている。そしてどうやら彼は「鉄の拳」にとても縁があるようだ。彼の監督としてのデビューは2012年の「The Man with the Iron Fists(アイアン・フィスト)」であり、今回と同じアイアン・フィストのように思えるが、こちらはマーベルとは関係のない別作品である。ややこしいことに今回彼は「The Man With the Iron Fists」ではなく、マーベルの「Iron Fist」の第6話の監督を担当している。

アイアンフィストはカンフーアメコミヒーローとされており、RZAにとってドンピシャな内容であろう。両親を失い孤児となり、幻の街にて修行を積んだ主人公が、拳を「アイアン」より固くする能力を使用して活動するストーリーとなっている。

ちなみに下記がRZAの監督デビュー作品となった「The Man With The Iron Fist」の戦闘シーンであり、Wu-Tang Clanの「Unpredictable」という楽曲が使用されている。

音楽以外の分野にて活躍するアーティストが増えることはとてもいいことだと感じる。

playatuner side banner

いいね!して、ちょっと「濃い」
ヒップホップ記事をチェック!