ここで2016年グラミー賞でのケンドリック・ラマーのパフォーマンスを改めて見てみよう

 

2017年グラミー

も受賞アーティスト的には賛否両論であったものの、パフォーマンスは素晴らしかったと感じる。Chance the Rapperの3部門受賞スピーチからの素晴らしいゴスペルパフォーマンス、双子を妊娠しているBeyonceの神がかっているパフォーマンス、A Tribe Called Questの政治的メッセージの強いパフォーマンス、全てが最高であった(メタリカとレディー・ガガのパフォーマンスは技術トラブルで大変そうであったが…)

そろそろグラミーのほとぼりが冷めてきたが、それでも忘れていけないパフォーマンスがある。それが2016年のケンドリック・ラマーのパフォーマンスであろう。

 

鎖につながれ登場し、牢屋のようなセットでパフォーマンスを開始するケンドリック。さらにそこから解放され、アフリカの伝統的ダンスにインスパイアされたであろう特大セットで、演者たちが自由に動き回る。上記の画質が良いバージョーンではパフォーマンスの最後までは映し出されていないが、最後はアフリカのシルエットに「Compton」と書いてある絵が背景に浮かび上がるのだが、その瞬間は鳥肌ものである。(下記は上記が消されてしまった場合のために貼ります。)

今までここまでストレートなメッセージをグラミーパフォーマンスに込めたアーティストはいただろうか?A Tribe Called Questの「一致団結」感も素晴らしかったが、ケンドリックの孤高な感性からくるこのメッセージは間違いなく歴史に残ると感じる。そんな彼の2017年グラミーにたいする意見はこちら

(追記:ケンドリック・ラマー「DAMN.」について)

ケンドリック「DAMN.」のラスト「DUCKWORTH.」に込められたストーリーを解説/考察