J. Coleの新アルバム「KOD」が4/20にリリース予定!リスニング・パーティにて判明した新アルバムに期待する点

 

 

ここ数年リリース

されたアルバムのなかで、最も聞いた作品と言ったらJ. Coleの「4 Your Eyez Only」かもしれない。このアルバムは一聴すると、以前のアルバムに比べて落ち着いているが、非常によく構成された作品であり、最後の楽曲で涙を流してしまったのは私だけではないだろう。

J. Coleの「4 Your Eyez Only」から印象に残ったリリック8つを解説。映画のようなストーリーと最大のオチとは?

 

そんな彼の新アルバム「KOD」が4/20にリリースされるとJ. Coleは滅多に更新しないツイッターで発表した。

そんな彼は先着で彼の新譜を聞くことができるリスニング・イベントを開催した。恐らく多くの人が参加したと思われるが、DJBoothのRyan Payanが実際にイベントに出席し、彼の新アルバム「KOD」を聞いてきたとのことで、こちらのページにそのイベントで分かったことが紹介されている。

このアルバムは以前の2つのアルバムと同じく、一人もフィーチャリングしておらず、12曲収録されている。最後の曲「1985」では、次のプロジェクトのへのイントロと繋がっているらしいが、その詳細は不明。また「KOD」は「Kids on Drugs(ドラッグ中毒の子供たち)」「King Overdosed(オーバードーズした王)」「Kill Our Demons(私たちのなかの悪魔を排除する)」の略らしく、恐らく内面から湧き出る「欲」と感情をテーマにしていると予想ができる。

以前のブームバップ的なビートではなく、808を多く使用しているらしく、声で実験的なことをしているとも語られている。2週間でレコーディングしたらしく、J. Coleはこのように語っている。

 

神は俺に曲を授けてくれていた。「お前のために曲を書いてやるから、お前名義でリリースしろ」と言われてるようだった。

 

上記の情報だけでも、「4 Your Eyez Only」とは全く違うサウンドになりそうだ。4/20にリリースされるということで、非常に楽しみである。

J. Coleのドキュメンタリー「4 Your Eyez Only」が素晴らしい。様々な地域をフィーチャーした「現実」を紹介

playatuner side banner

いいね!して、ちょっと「濃い」
ヒップホップ記事をチェック!