playatuner side banner

Kaz Skellington – Day One (feat. KAZUO)

 

NY在住であり、日本育ちのラッパーKAZUOをフィーチャリングした楽曲。KAZUOについてはPlayatunerでもインタビューをしているので、彼のことを知らない方は是非チェックしてみてほしい。彼は生い立ちを含め、自分と対照的でありつつも共通点がある人物であるように感じる。私は幼少期から高校受験までカリフォルニア州オレンジ・カウンティにて育ち、彼は逆に日本にて小中学校時代を過ごし、その後NYに移住している。この楽曲では、国を交差した二人の「故郷」と、その場所を離れ、今の土地で人生を生きることがリリックとして落とし込まれている。この楽曲のデモは数年前からあり、当時から彼のヴァースは手元にあったのだが、なんとなく自分のヴァースとビートが気に入らずに世には出さなかった。しかし、このアルバムのコンセプト的にも必要な曲だと感じ、ビートやミキシングを改良し、収録することができた。

 

Let me tell you a story about me
What I call hometown, Orange County
Palm Trees down the road, astounding
Crisis in my ID
When I fight inside my mind asking who should I be
Different places and different faces in my dreams
Got me reminiscing memories like T.R.O.Y. ing

自分のストーリーを語らせてほしい
自分がホームタウンと呼ぶオレンジ・カウンティについて
ヤシの木が道沿いに生え、素晴らしい場所だ。
自分のアイデンティティに危機が訪れる
心のなかで、自分は何者になるべきなんだろうかと戦う
複数の場所と、複数の顔が自分の夢に出てくる
T.R.O.Y.(Pete RockとCL Smoothの名曲)の内容のように、思い出に浸る

Hoping my homies in OC gon see me
Would they joke on my music like quit the dreaming
would they believe me?
Like back then when we were just skating
Through the block everyday making the biggest statements
Yeah forming cliques like the skater poser crew
We would flip like sick birds ramping flu (flew)
More than deuce we got our air gun stolen too
By this corny fool cop acting they patrolling cool
Remember that? We were Skater noobies like the Bieber
That’s where the fun was between the cells and the beepers
Kicking and pushing doing tricks when the chicks pass by
Like my crush in history class next to my seat uh

OCのホーミーたちは見てくれてるだろうか
それとも「夢見るのはやめろ」と俺の音楽の上でジョークを言うだろうか
大口を叩きながらみんなで近所をスケートボードをしていたあの頃のように
俺のことを信じてくれるだろうか
Skater Poser Crewってクルーを組んで
シックな鳥のようにランプしながら、フリップで飛んでいた。(解説:Flip Birdには中指を立てるという意味があり、鳥のように飛びながらボードをフリップさせていたという意味とかかっている。ランプには威嚇する/暴れるという意味があり、スケートボードのランプとかけている。Fluはインフルエンザという意味で、Sick Birdsには病んだ鳥/イケてる鳥という意味があり、飛んだという意味のFlewと同音異義語となっている。暴れて鳥インフルを撒き散らずシックな鳥のようにひっくり返る/イケてる鳥のようにフリップでランプを飛んだ/中指を立てる、というニュアンスを一行に込めたライン)
イケてると思ってパトロールしてるダサい警官に
2回以上俺らのエアガンを没収されたのを覚えているか?
俺らは(ジャスティン)ビーバーのようにスケート初心者だった
そのポケベルと携帯の間の時代に全ての楽しさが詰まっていた
みんなで道を滑りながらクラスの女の子たちが通るとトリックをやる
歴史の授業のときに隣に座っていた初恋の人とかが

But one day my dad came home like son
We going back to Japan that‘s where you came from
I just stood like am I gone for good
Never understood what I should do to pursue
I remember more than a minute I’m shaking their hands
I’m still thinking how I can break the plan
A sign to meet again I can’t stay in Japan
Cuz we promised that we’ll never be a basic man
Momma said it’s ok to cry right now
When you get older you can show em to find your town
On the map again. So I’ll be back my friends
To take back my lost memories like an accident

でもある日、父親が俺にこう言った
「私たちは日本から来て、日本に帰らないといけない」
俺は一生ここには戻れないのかも、と立ち尽くし
自分がやりたいことを追いかけるためには何をすればいいのかを考えていた。
最後、数分に渡り皆と握手をしたのを覚えている
頭のなかでは、まだ帰国する計画をどのようにして壊せるかを考えていた
いつかまた会う兆しが出てくる。俺はずっと日本にはいれない
俺は絶対につまらない人生を送らないと、皆と約束したから
皆と別れたあと、母親が「今は泣いてもいいんだよ」と言った。
「いつか大きくなったらまた自分の町を探せばいい」と
だから事故のように失った記憶を取り戻すためにも、また俺はそこに帰ってくる。

(KAZUO)

You wake up, and it doesn’t feel right
The place that you live in just ain’t quite
what you call home, no doubt its hard
cause where you’re from defines who you are

朝起きても、何か正しい感じがしない
住んでいる場所は「ホーム」と呼んでいる場所とは少し違うから大変だよな
育った場所が自分という人間を作るから

A Jersey native ‘til I moved out at the age of five
Couldn’t understand what was going through this brain of mine
Living in a city where its busy being safe and crime
Rarely occurs, (we’re taking shit to a greater height)

Hit the コンビニ for a 弁当 and Aquarius
Yokohama rush hour, trains you can barely fit
If you’re a claustrophobe then this wont be a chariot
学ラン汚したら、先生will be very pissed

5歳のときに日本に引っ越すまではジャージーのネイティブだった
脳内では何が起こっているかを理解できず、
この安全であることに忙しく、ほぼ犯罪が起きない町に住んでいることを
弁当とアクエリアスを買うためにコンビニに寄る
横浜の満員電車はかろうじて乗れるレベルだ
もし閉所恐怖症であったら心地よい乗り物ではないだろう
学ランを汚したら先生にめちゃくちゃ怒られる

I was a slacker, skipped all my classes
Walking through the hall hoping I don’t get my ass kicked
Had the chance to fight back but I let it happen
Going home with tears just soaking up my mattress
Thinking about the memories I left in Japan
But it wasn’t all sadness, that I shed in this land
I remember high school I passed the entrance exam
So I guess that’s cool, I put effort in that

俺は怠け者で、授業も全部サボってた
廊下を歩きながら、ボコボコにされないように願ってた
やり返すこともできたけど、そのままやられっぱなしだった
家に帰り、マットレスを涙で濡らす日々を送っていた
日本での思い出を思い返してみると
この土地で経験したことは全部が悲しいわけではない
高校の入試では合格をしたし、それに関しては頑張ったから良かったかな

Became quite the jokester, but that was short lived
Cause my mom called me and said “Yo we’re going to New York bitch”
“I got the plane tickets” like how can you afford this?
We’re piss poor, I wanna just slit the throat of a porpoise
But now I’m in the city and I’m chasing this dream
Even though I miss home its very blatant to me
that I’m blessed, my city made me into this
Now I never give a fuck I’ll kick a baby in the ribs

ひょうきん者になったけど、それも長くは続かなかった
母親から「ニューヨークへのチケットを買ったから、ニューヨークに引っ越すよ!」と電話があった
俺らはイルカ漁でさえもしたくなるぐらいの極貧なのにどうやって買ったんだ?
でも俺は今はこの街で夢を追いかけている
ホームを恋しく思うけど、俺は明らかに恵まれている
自分の町が自分を作ってくれた。
今では誰にどう思われても何も気にしない。


(画像クリックで各ストリーミングのリンクを表示/Click image for streaming links)
1. The Nightmare Before My Birthday (Intro)
2. Underwater Disco
3. Friends: Sorry
4. City of Angeles
5. Day One feat. KAZUO
6. N155AN feat. John Natsuki
7. iseestars
8. Diary (Interlude)
9. So I Pretend I Never Met You
10. mmm…ask
11. Socially Awkward feat. John Natsuki
12. WTF John!? feat. John Natsuki
13. Booze House
14. Seed
15. Stereo 2013 feat. 弥之助 (Bonus Track)
16. Yours Truly: Thanks