playatuner side banner

Friends: Sorry

 

自分がバンドのフロントマンをやる上で、大きな影響となった人についての曲。彼のことは2018年にリリースした「Paroxysmal Impulse」に収録されている「The Consequence」という楽曲でも少し語られている。この楽曲のギターのフレーズは、当時自分がやっていたバンドの楽曲をサンプリングしており(実際には少し変えて弾きなおしている)、ラップのフローを考えずに勢いに任せて録ったデモ段階のボーカルテイクを採用している。

 

Grew up with hiphop fell in love with a guitar when I was 15
it seemed music was the only thing that can save me.
quit skating to save fingers.
I kinda regret it but hey, I dedicated my life in this game
always in the studio and my room
practicing cuz I aint never had no friends in high school
mind like typhoon the wind never calmed in me
Put my all in the stage cuz it was hard to believe

ヒップホップを聞いて育ち、15歳の時にギターに恋をした。
自分を救えるものは音楽しかないように思えた。
指を守るためにスケートボードを辞めたのは少し後悔してるけど、自分が音楽の道で生きていく決意は固かった。
高校では特に友達もいなく
常にスタジオと自室にこもる生活を送る日々。
心の中では台風のように風が止むことはなかった。
何かを信じることが難しく、全てをステージに捧げた。

thats when I was in a metal band shredding
and I met you on the stage the memories embedded
how you held the mic and shouted your soul, we gettin out of control
you inspired me to grab a microphone again.
We became friends you were few years older than me
you told me I can rap and scream and I should be a vocalist
a year later I formed my own band
we would do shows together and wreck the stage on our home ground

当時はメタルバンドにてギターを弾いていた
ステージであなたと出会った時の記憶は心に埋め込まれている。
あなたはマイクを握り魂を叫び出す、俺らはそれを見て熱狂する。
その姿を見て自分もまたマイクを持ちたくなった。
あなたは何歳か年上だったけど、友達になり、
「ラップもシャウトもできるからボーカルやりなよ」と俺に勧めてくれた。
その次の年、俺は自分のバンドを組み、あなたのバンドと地元のライブハウスで暴れるようになった。

you killed the stage the hardest, grew me as an artist.
but that aint the only thing that grew.
My ego inflated and from my mouth it flew
wouldn’t admit it back then but now I know its true
Idol become rivals,
Your friends become rivals,
Teachers become rivals,
My ego would never let me admit
anybody was better than me
I thought I was competing with you like I needed to win

あなたのステージは一番凄く、
俺はそれを見てアーティストとして育った。
でも育ったのはそれだけではない。
エゴが膨らみ、口から飛び出すようになった。
昔は認めなかっただろうけど、今ならそれが本当だとわかる。
尊敬する人がライバルとなり
友人がライバルとなり
先生がライバルとなる
俺のエゴは自分より凄い人がいることを認めようとしなかった。
あなたとも競争をして、勝たないといけないと思っていた。

I knew you were the best
I loved your voice, and your stage, how you wrecked like Tek
but never told you that
cuz I thought that would be me losing and holding flags
so I would keep on saying I’m the one and only master
around that time I noticed you were always drunk
drinking strong liquor daily but I thought you were just in love
with the lifestyle we would drink sometimes
and you would talk about the trials and the tribulations and the pain inside

あなたが最高なのは理解していた。
声も、ステージを破壊するその姿も、誰よりも格好良い。
でも俺はあなたに一度もそれを伝えなかった。
伝えたら自分がまるで白旗を振ったように思えて、一番凄いのは俺だと言い張っていた。
その頃からあなたがずっと酒を飲んでいることに気がつくようになる
毎日強い酒を飲んでいるあなたを見て、そのようなライフスタイルを生きているだけだと思っていた。
たまに一緒に飲むとあなたは人生の試練と心に刺さる痛みについて語るようになっていた。

my band disbanded so I was in hiatus
wouldn’t really do music, so I didn’t keep in touch with you and
for a year I lived my life my last year in Uni
I got a call from your band member one morning
He told me you passed away
I asked why? and you took your life away.
didn’t know what to say so I just said okay.
a few minutes later I couldn’t stop my tears
was in my friend’s crib so I had to run somewhere

俺のバンドは解散し、俺は音楽もしばらくやらなかった。
だからお互いしばらく連絡もとらず、俺は大学の最後の年をだた生きていた。
ある朝、あなたのバンドメンバーからの電話で起きた。
彼はあなたが亡くなったと言い、
理由を聞いたら自ら命を絶ったと言った。
俺は何を言えばいいかわからずに、ただ「そうか」としか言えなかった。
数分後涙が止まらなくなり、友人の家にいたからどこかへ逃げないといけなかった。

I remember you ditched work to come to my arena show
you were the only one who came but now I remember now
ironic how my ego let me forget my emotions
Now I regret everything I didn’t tell you, oh shit.
How I loved your voice, songs, and stage
how you inspired me so much to write about my rage
Would it be different if I told you everything I’m grateful of
I promise to never let my ego be hateful now

そのとき、俺のアリーナライブを、あなたが見に来てくれたことを思い出した
あのなかだと、あなたが唯一来てくれた人だったのに、俺はそれをやっと思い出した。
自分のエゴのせいで感情を忘れるとは、なんて皮肉なことなんだろう
そしてあなたに伝えなかった全てのことを後悔した。
いかにあなたの声やステージが好きで、
自分の抑えきれない感情を表現する上で、どれだけあなたにインスパイアされたか
もし自分が感謝している全てのことを伝えていたら、結果は少しでも違ったのだろうか
今後、自分のエゴが嫉妬や憎悪にならないことを約束するから

so I say sorry that I couldn’t realize
your situation I was too young and didn’t know shit can kill minds
now I feel like I resonate with you a little bit
how much pain you went through
I wish I could have told you were the best
so rest in peace.
I’ll sing about you many times so these people
will never forget that creed

だからあなたの状況に気がつけなかったことを謝る
俺は若く、それまで心が死ぬ経験をしたことがなかった
今ではあなたが感じた痛みと少し共鳴できる気がする
あなたがいかに最高かということを伝えればよかったと後悔をしている
人々がこの信条を忘れないように、俺は何度でもあなたのことを歌う。

 

I don’t wanna make that same mistake so I try to express
gratitude and apologize whenever I can
but my communication level is lower than the average man
so I confuse people and they end up being mad
so many friends and lovers and boss and teachers turned they back
cuz one thing I said got perceived the way I didn’t mean it
I’m sorry but it keeps on happening
thats why I only try tell the truth when Im rapping and

同じ誤ちを犯したくないからなるべく自分の想いや感情を伝えようとする
でもどうやら自分のコミュニケーションのレベルは平均より低いようだ
だからそれでも人を混乱させたり、怒らせてしまったりする。
多くの友人や恋人や先生が背をそむけた
俺が言った一つのことが意図と違う伝わり方をしてしまったから
何度も起こってしまったことを謝罪したい
だからラップしているときしか自分の本当の想いを伝えられなくなってしまう

again and again I say some stupid shit that isolates
me from you thats why it makes me hate
myself. my persona gives me pain makes me die in vain
why the fuck did I have to say this
i dont wanna lose friends anymore
so I get nervous even texting you
thats when I step into a zone where my voice cant express whats true

またあなたと私の距離を遠ざけるような馬鹿なことを言ってしまう
だから自分のことが嫌いになり、誰のためにもなれずに生きていくんだろうと考える
もう友達を失いたくない、だからメッセージを送るだけでも緊張をする
そうなると自分の声が、自分の真実を表現できなくなる。


(画像クリックで各ストリーミングのリンクを表示/Click image for streaming links)
1. The Nightmare Before My Birthday (Intro)
2. Underwater Disco
3. Friends: Sorry
4. City of Angeles
5. Day One feat. KAZUO
6. N155AN feat. John Natsuki
7. iseestars
8. Diary (Interlude)
9. So I Pretend I Never Met You
10. mmm…ask
11. Socially Awkward feat. John Natsuki
12. WTF John!? feat. John Natsuki
13. Booze House
14. Seed
15. Stereo 2013 feat. 弥之助 (Bonus Track)
16. Yours Truly: Thanks