【Funny】Fat JoeがBig Punと一緒に狭い牢屋に収監されたエピソードを語る

 

ヒップホップ業界で一番物理的に大きい

ラッパーと言ったらBig Pun(ビッグ・パン)であろう。残念ながら彼は肥満による心臓発作にて2000年に亡くなってしまったが、上記のBig PunとFat Joeのコラボ曲「Twinz」をはじめ、彼のリリシズムと多数の言葉で韻を踏むスタイルは今でも高い評価を得ている。

そんなBig Punの長年の友であり、Big Punをヒップホップ業界に紹介したFat Joeが「2人で狭い牢屋に入ったときのこと」という面白いエピソードを語っているので紹介したい。

 

Fat Joe:ことの始まりは、俺がインストアイベントにてファンに暴行を加えたという疑いで警察に捕まったときであった。そしたらBig Punは俺が収監されている刑務所の前にリムジンに乗って登場したとしたと思ったら、シャンパンを開けて暴れ始めたんだよ(笑)

 

Fat Joe:そしたら囚人たちがみんなテンション上がり始めたんだよ。Big Punは当時最も熱いラッパーだったからね。急に俺の部屋が開いたと思ったらBig Punが警察に連れられて、同じ部屋に入れられたんだ。めちゃくちゃ狭い牢屋を俺とあいつでシェアしなきゃいけなかったんだ…

 

 

Fat Joe:そしたらあいつは「おい俺ら新聞に載ったぞ!俺らもセレブに一員だ!」と嬉しそうにしてるから、そのときに「こいつをメンタリングして色々教えてあげる必要があるな…」と思ったんだよ。だから「帰ったらまずは家にある40もの銃を捨てろ!」って言ったんだ。

 

Fat JoeとBig Punの友情ゆえの面白いストーリーであるが、どうやらBig Punは結構破天荒な人間だったようだ。Jay ZとBig Punの確執からも分かるように、彼は自分がやりたいと思ったことをとりあえずやってしまう性格のようだ。痩せるための施設をやめ、医者の命令に背いてさらに体重を増やした彼は、自分の意思を曲げない人なのであろう。