Chance The Rapperの「No Problem」をプロデュースした「Brasstracks」が語る制作秘話

Writer: Luther, Kaz Skellington

 

Future Brass

2017年のグラミー賞にて、ベスト・ラップ・パフォーマンスを含め3部門を受賞したChance the Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)。彼がグラミー受賞スピーチで「自由」を語ったことはまだ記憶に新しいはずだ。そんなグラミーを受賞した彼の「No Problem」のトラックをプロデュースしたデュオ「Brasstracks」はご存知だろうか?

自身の音楽ジャンルを「フューチャー・ブラス」と称する彼らの音楽性は、非常に斬新なものになっている。本日紹介したいのは、Geniusにて公開されている「Brasstracks」本人たちによる「No Problem」の解説である。

 

➖ Chance the Rapperとの繋がりについて

Brasstracks:僕たちが公開する作品にはいつも「Chance The Rapperとコラボレーションするべきだ!」とか、あるいは「Chance The Rapperみたいなサウンドだね」ってコメントがくるんだ。

だからそれをある日ツイートしてみたら、まさかChance The Rapper本人からリツイートされたんだ。それでフォローされたからそれがきっかけでダイレクト・メッセージを送ってみたんだよ。

 

Chanceとのコラボ以前から、たまたまChanceと近い音楽を作っていたと語る二人。それでは、「No Problem」に関してはどのように考えていたのだろうか?

 

Brasstracks:昔のカニエが聖歌隊のサウンドを多く使ったことから、僕たちも影響を受けて「近いことをやってみたい!」と思うようになったんだ。

ただ聖歌隊をレコーディングするだけ、っていう簡単な問題ではなかったんだけどね。そのようなインストに対するマニピュレーションが大事だったんだと言えるよ。4人のコーラスをレコーディングをして、それをオクターブ上げたり下げたりして、16人に聞こえるようにしたんだ。

このトラックには外部プラグインは一切使ってないんだ。プロデューサーになるにはプラグイン買う必要なんてないんだよ。

 

なんと”No Problem”には既存曲のサンプリングはされていないのだという。実際にレコーディングするにあたってレコーディングを複製し、ビルドアウトを行ったのだと二人は語った。さらになんとドラムトラックはAbletonに予め入っている既存のドラムサンプルであり、ベースは$600のベースを実際に弾いてレコーディングをしたらしい。Anderson .Paakの話もそうだが、やはりスキルをもっているアーティストは劣悪な環境でもクオリティの高い作品を作れるようんだ。

また実は制作当初の段階では、ChanceはAndre 3000とのコラボレーションも考慮していたらしい。「No Problem」の制作以来、注目されつつあるBrasstracks。彼ら名義の曲もかなりオリジナリティがあり、カッコ良いので是非試聴をオススメする。