Joey Bada$$ 対 Troy Aveに進展!Joeyがフリースタイルで反撃

From Chottoniche Group

注目ビーフに進展があったので報告 & 解説をしようと思う。2人のビーフの経緯を知らない人は是非前回の記事を一度読んで欲しい。

Joey Bada$$ V.S. Troy Aveのビーフの経緯

Troy AveのDisトラックに対してJoey Bada$$がどのような対処をするのかが注目されていたが、人気ヒップホップラジオ番組「Sway in the Morning」にてTroy Aveに向けたフリースタイルを披露した。(フリースタイルと言っているが準備していると言っているのでアドリブではない)

 

 

この中で特別に強いパンチラインがいくつかあったので紹介したいと思う。

Name another Brooklyn cat major without a deal

I Des”Troy” “Ave”rage rappers, it’s just practice

ブルックリン出身のインディーズでメジャー級のやつを言ってみろ

俺は平均的なラッパーをただの練習で破壊する

このラインの凄いところは「Destroy」と「Average」の”troy”と”ave”を隣り合わせにすることにビーフ相手のTroy Aveの名前を出し、Troy Aveが平均的なラッパーであり、Joeyの練習の足元にも及ぼないという意味になっていることだ。Destroy Average rappers(平均的なラッパーを破壊)という普通のラインに聞こえがちであるが、その中に実は相手の名前が入っているという高度な言葉遊びになっている。さらには…

Over 250,000 albums sold worldwide and this aint event half of the potential I possess

世界で25万枚売ったけどこれはまだポテンシャルの半分にも満たない

I got the whole beast coast coming for your skull, the karma will catch up but the album sales wont

ビーストコースト(Joeyがやっている東海岸のブームバップ集団)の全員がお前の頭を狙ってる。カルマ(自殺で亡くなったJoeyの盟友をDisったことによる結果としての天罰)はお前に追いつくけどお前のアルバム売上は追いつかない

He did more dead then you ever did alive.

お前がDisった俺の盟友「Capital Steez」は死んでからもなお、生きているお前よりも色々成し遂げている。

Difference betweens you and him is that he lives forever, You be the first to die who nobody remembers, cuz the city never needed you ever, you committed career suicide and made New York better

お前と彼(Capital Steez)の違いは彼は永遠に生き続ける。お前は最初に死んでも誰の心にも残らない、この街(NY)はお前を必要としていないし、お前はラップキャリア自殺をしてニューヨークを(ラップ的に)もっと良い場所にした。

 

これらのパンチラインはもう言うまでもなくTroy Aveに向けられたものである。Troy Aveもここまでハードに返されると思ってはいなかったであろう。やはりビーフにはしないと言っていたジョーイも自分の親友であり、自殺で亡くなったCapital SteezをDisられたことにより戦うことを決めたのであろう。

特にJoeyもTroyもヒップホップの競争が激しいブルックリン出身というのもあり、Joey的にはTroyのようなポップラッパーがブルックリンをレペゼンしているのが許せないとの解釈も出来る。

ラッパーのスキルとしては完全Joeyの勝ちであろうが、実際このまま収束に向かうのか気になるところだ。今後も目を話せない。

 

この記事を気に入ったらLike!