Jay Zが高校のカフェテリアでラップバトルをした相手とは?数々の有名ラッパーを輩出した驚きの高校

 

コメディアンや声優としても知られるJimmy Kimmelが司会をつとめるアメリカのトーク・ライブ番組「Jimmy Kimmel Live!」にて、Jay Zが出演した際に面白いエピソードを披露している。彼がどんな高校時代を過ごしていたのかを語っており、さらにその高校のことを説明してくれている。

 

なんとJay Zが通っていたブルックリンの高校は彼以外にも世界的なラッパーが3人通っていたことで知られている。

「あなたの通っていた高校には、のちに有名になるラッパーが他にも通っていたんだよね?」と、Notorious B.I.G.(ノトーリアス・ビー・アイ・ジー)、Busta Rhymes(バスタ・ライムズ)の名前を司会のJimmyが挙げると、Jay Zは興味深い返事をした。

 

「実は、俺とBusta Rhymesはカフェテリアでラップバトルをしたことがあるんだ」

 

Jay Zの予想外な返答に、会場は笑いにつつまれた。このあと、司会のJimmyの質問で、さらなる笑いが起こる。

 

「で、その結果ラップバトルでは誰が勝ったの?」

 

Jay Zのいろんな気持ちが汲み取れる微妙な表情がすべてを物語っている。最後に、Jay Zの和やか笑顔と共に、彼の発する一言で動画は終わる。

 

「いや、(笑)。Busta Rhymesのことは大好きなんだけどさ(笑)」

 

この高校は、名前には挙がっていないがDMXが通っていたことでも知られている。Jay Z、Notorious B.I.G.、Busta Rhymes、DMXが同じ高校に通っているという事実が既に面白いが、さらにカフェテリアでラップバトルが行われていたと想像するとヒップホップがどれほど地域に根づいているかが読み取れる。