DMXが帰ってきた!Swizz BeatzがインスタにてDMXの新曲を少し公開

dmx

 

一世風靡をしたヒップホップレーベル「Ruff Ryders」

1990年代の後半から2000年代にかけてヒップホップファンであった人は、当時のRuff Rydersの勢いを覚えているだろう。売れっ子プロデューサーであり、Alicia Keys(アリシア・キーズ)の旦那としても知られているSwizz Beatz(スウィズ・ビーツ)を中心とした、このヒップホップレーベルの勢いは今でも忘れられない。元バッドボーイ所属であり、今月に16年ぶりのアルバムをリリースするヒップホップグループThe Lox(Jadakiss、Styles P、Sheeck Louch)をはじめ、Eveなどの大ヒットをとばしてきたのである。

そのなかでもRuff Rydersのブランドを世に知らしめたのはDMXと言っても過言ではないだろう。あまりにも多数の逮捕や私生活の問題により、ここ数年は表舞台にあまり登場していなかったDMXの8枚目のアルバムが制作されているのだ。

Back at it no days off!!!!!!!!! #zoneeeeeeeeeeeeee @dmx ???????????????????

therealswizzzさん(@therealswizzz)が投稿した動画 –

このサウンド、まさにRuff Rydersである。そしてDMXの声、他のアーティストを凌駕する勢いは今も健在である。アルバムが5枚連続でビルボード初登場1位を獲得した唯一のアーティストになりながらも、20回以上の逮捕歴という苦悩を体験してきたから叩き出される叫びとも言えるだろう。Swizz Beatzとのコンビということもあり、曲調も完全に「The Grand Champ」時代ののDMXの曲を彷彿とさせる。

彼の経歴を見るとなぜ現在精神的な理由で治療中のカニエ・ウェストにエールを送るのかもわかる。どんなに大変な状況であっても彼は「DMX」なのだ。さらに彼の新作にはDr. Dreやカニエ・ウェストのトラックも収録されているらしいのでとても楽しみだ。

何にせよ、今まで私生活の問題もあり、シーンに復活できなかった彼のような伝説的な存在がアルバムを制作しているのがとても感慨深い。