ドレイクが世界のベスト・ドレッサーとして選ばれる。気になる最下位は?

 

オシャレなアーティストたち

今年イギリスのGQ誌にて、「世界のベスト・ドレッサー」として50人の名前を挙げられたのはご存知だろうか?そんな中、世界のトップとして名誉深い称号を獲得したのは、なんとあのDrake(ドレイク)だったのだ。

関連記事:MTVのクリエイティブディレクターに就任したA$AP RockyはどうMTVを変えるのだろうか?

 

TOP50のリストには他にもライアン・ゴズリングや、ロンドン市長のサディク・カーンなどの著名な人物が選ばれている。

GQの編集者Quilty-Harperは、彼のミュージック・ビデオ「Hotline Bling(ホットライン・ブリング)」でのタートルネック姿を「アメリカのプレッピーとグリミーファッションの融合」として賞賛している。

 

GQ編集者:2016年はタートルネック姿についての話題抜きでドレイクを語ることは出来ない年であった。バギージャンパー、スウェットパンツとティンバーランド…そして懇意的な歌詞と共に、あのぎこちないダンスを披露したミュージック・ビデオ。

あれは文化的瞬間だったと言えるだろう。近年、彼のファッション・スタイルは、とても熱心に、そして絶えずユニークになっているね。

 

賞賛をしているのか、ちょっと小馬鹿にしているのかが難しいコメントであるが、1位というのはやはり名誉深いことであろう。ヒップホップ畑からはTinie Tempah、 Pharrell Williams、Jaden SmithやA$AP Rockyなどの名前も挙げられている。

その一方で別のリストではなんと「センスが最悪なドレッサー」として、Tygaや、Nick Cannonが挙げられている。ベスト・ドレッサーとワースト・ドレッサーの一覧は以下のページから確認できるので、興味のある方はぜひチェックしてほしい。

http://www.gq-magazine.co.uk/gallery/50-best-dressed-men-in-the-world-2017

http://www.gq-magazine.co.uk/gallery/worst-dressed-men-in-the-world