MTVのクリエイティブディレクターに就任したA$AP RockyはどうMTVを変えるのだろうか?

音楽以外のセンスも良いラッパー

このようなフレーズを聞いたとき、誰の名前を思い浮かべるだろうか? 2010年代のアーティストであれば、Tyler, the CreatorやA$AP Rockyの名前が挙がるであろう。Tyler, the Creatorは人気メディアVICEの番組をディレクティングするとのニュースが去年話題になったが、今回はA$AP RockyがMTVのクリエイティブディレクターに就任した。

関連記事: A$AP Rockyとスヌープ・ドッグが、メディアが打ち出すヒップホップグループの姿について語る

 

先日紹介したこちらのインタビューにて、就任してからまずやりたいことを語っている。

 

Snoop Dogg:MTVのクリエイティブディレクターに就任したんだってな? まずは最初に何から始めるつもりなんだ?どのように、公共の場へ発信させていくつもりなんだ?

 

A$AP Rocky:俺の目的はただ一つで、いろいろ整理して促進させたいんだよ。俺は「音楽番組」と呼ばれていたころのMTVをまた復活させたいんだ。

 

Snoop Dogg:今はリアリティー番組ばっかりだしな。

 

A$AP Rocky:そうなんだよ。もちろんそういうリアリティー番組を好きな人がいだろうけど、そういう番組があまりにも世間にあふれ過ぎていると思うんだよ。昔みたいにMTVがちゃんと音楽を発信していた時代に戻らないといけないと思う。いろんな音楽ジャンルの番組があったしな。

俺らは昔のMTVの存在があったから、いろんなアーティストに触れる機会があった。、逆にMTVの存在がなかったら、昔の音楽を発見することとかも無かっただろう。俺はそういうものを、また復活させたいんだ。さらに新人アーティストもたくさん取り扱っていきたいとも思ってる。

 

米MTVが音楽を発信しなくなり、確かに音楽ファンからの音楽番組を渇望する声は多い。A$AP Rockyのような若い才能が、音楽業界と向き合っていくことはとても嬉しいことだ。今後MTVがどのように変化するのかがとても楽しみだ。

関連記事

A$AP Rockyとスヌープ・ドッグが、メディアが打ち出すヒップホップグループの姿について語る

【Uncle Snoop】スヌープ・ドッグがホワイトハウス内でマリファナを吸うことに成功した方法を語る