Drakeが新曲にてXXXTENTACIONのフローをパクっていると言われているが、どうだろうか?

スタイルをバイト

バイト(スタイルをパクること)はヒップホップ業界では御法度であったが、近年はもしかしたらそんなことはないのかもしれない。さまざまなラッパーが同じようなスタイルでラップをし、流行を作っていると感じる。Drakeは以前Big Seanのフローを意識したとインタビューにて語っていたが、今回米ツイッターではDrakeのバイト疑惑が指摘されている。

彼がライブにて初公開した新曲のフローが、XXXTENTACIONというフロリダ出身のラッパーのフローに似ていると指摘されているのだ。

上記がDrakeがライブで披露した新曲であり、下記がXXXTENTACIONの「オリジナル」とされている曲である。

 

どうだろうか?正直これは彼のスタイルをバイトしているとは思えない。何故かというと、現在のトラップ系のトラックを使用するラッパーは大体このような「三連符」フローを使用しているからだ。遅いトラックに「三連符」を続けるラップが現在の流行りであり、むしろXXXTENTACIONもオリジナルなフローとは言えない。Lil Uzi Vertなどの現代のラッパーにとってトラップに三連符を入れるのは自然な流れなのである。

スヌープ・ドッグが「三連符でラップするラッパーばかりで、みんな同じに聞こえる」と言っていたのと同じ言葉の入れ方である。これが現在の流行りであり、探せばいくらでもこのフローを使用しているラッパーは出てくると感じる。そのためDrakeが特にXXXTENTACIONを意識してパクったとは考えにくい。しかしDrakeがツイッターにてつい最近彼をフォローしはじめたのも事実であり、真実はDrakeにしかわからない。

皆さんはどう思いますか?