Remy MaのNicki Minaj宛のディストラックがヤバイ。印象的なリリックを解説。

 

Remy Ma V.S. Nicki Minaj

現在超話題になっているビーフである。ニッキー・ミナージュは「Make Love」や「Swalla」などの曲でサブリミナルディスを行っていたものの、Remy Maは水面下でディスる必要なんてない。彼女は筋金入りのMCであり、言いたいことはラップにして伝える。かなりデンジャラスなMCなのである。

Remy V.S. Nickiの経緯はこちら

そんなRemy Maであるが、Nasの伝説のJay Zディストラック「Ether」(記事最後)のビートを使用し「shEther」という名前でニッキーにたいするハードなディストラックをドロップをした。久しぶりになかなかハードなディストラックを聞いたので、印象的だったリリックを紹介していきたいと思う。全体的にかなりハードなので、厳選する。

 

And I saw Meek at All-Star, he told me your ass dropped
He couldn’t fuck you for three months because your ass dropped
Now I don’t think y’all understand how bad her ass got
The implants that she had put in her ass popped
オールスターゲームでMeek Mill(ニッキーの元カレ)に会ったけど、お前のケツが落ちたから3ヶ月ファックしてないって言っていたぞ
あいつのケツがどれだけ酷いか知らないだろ
ケツに入れてたインプラントが破裂したんだぜ

you disloyal hoochie
Now all of a sudden you back with Drake and Tunechi?
After he said you sucked his dick, you back with Gucci?
Who next, Puff, Deb or Fendi? You a A-list groupie
お前は忠実じゃない
急にドレイクとTunechi(リル・ウェイン)と仲直りしやがって
Gucciがお前にフ◯ラされたと言っていたのを否定してたのに、あいつとも一緒になりやがって
次は誰だ?Diddyか?Debraか?Fendiか?お前はただの一流の追っかけだ。

ニッキーの元カレMeek Millがドレイクとビーフしていたが、元カレと別れた瞬間にドレイクと仲直りしており、さらにはGucci Maneと喧嘩をしていたが新曲ではコラボをしている。DebraとFendiはニッキーの過去のマネージャーである。

And to be the Queen of Rap, you gotta actually rap
The whole industry know that your shit is a wrap
No, to be the Queen of Rap, you can’t have a ghostwriter
ラップのクイーンになるにはちゃんとラップできないと駄目なんだよ
業界はお前のラップがもう終わってるってのをわかってる
ゴーストライターがいるようなやつはラップのクイーンになれないんだよ

You a Internet troll, a Web browser, I’m sorry
You can’t get her online without Safaree
お前はネット上で煽ったりしてるだけだ。
Safareeがいないと「オンライン」になれない

ニッキーの「Make Love」のリリックの返答である。さらにSafareeはニッキーの元カレであり、彼女の初期の作品のゴーストライターとしても知られている。Apple製品の標準ブラウザの「Safari」とかけており、ニッキーの「私はiPhone、お前らはNokia(2000年代流行った古い携帯機種)」というラインの返答にもなっている。

And stop talkin’ numbers, you signed a 360 deal
Through Young Money, through Cash Money, through Republic
Which means your money go through five niggas before you touch it
数字について自慢すんのもやめろ、360度契約(全ての権利はレーベルが所有する)
Young MoneyからCash MoneyからRepublicなど
5人も通ってからやっとお前は金にありつける

You make, like, 35 cents off of each ducat
I own my masters, bitch, independent
一回の売上から35セントぐらいしか儲けられないくせに
私は自分のマスターの権利を所有してるんだよビッチが、インデペンデントだ。

自分のマスターも所有してなければ、360度契約を結んでいるため、いくら売れていてもニッキーの取り分は低いと指摘する。マスター権利などについてはChance the Rapperが説明してくれているのでチェック。

But you point your fingers at me? I’m the bad girl
When she the one out here misleadin’ the black girls?
All these fake asses influenced by that girl
Dyin’ from botched surgeries—what a sad world!
私が女の子に悪い影響だって?
お前が黒人女の子に悪い影響を与えているくせに
お前に影響されて偽のケツにする女の子たちは
その子たちが整形失敗して亡くなるんだ。なんて悲しい世界だ。

Guess who supports a child molester? Nicki Minaj
You paid for your brother’s wedding? That’s hella foul
How you spendin’ money to support a pedophile?
児童を性虐待した犯罪者を支援してるのは誰だ?ニッキーだ。
お前は自分の兄弟の結婚式代を払ったのか?なんて汚れてるんだ。
ロリコン犯罪者に金払ってサポートして何考えてんだ?

ニッキーに影響され、偽のお尻をゲットするために非合法な整形をして失敗するケースもあるらしい。そのように黒人の女の子に悪影響を与えているのはニッキーだと語る。Remyも銃撃事件で牢屋にしばらく入っていたので、そこを批判されていた。さらにニッキーの兄弟は児童虐待の罪で裁判にかけられており、ニッキーは彼をサポートしているとRemyは語っている。

いかがだろうか?このようなバトルあがりのRemyだからこそ出てくる強烈なパンチラインに、ニッキーはどのように対応するのであろうか?今のところインスタで「ビヨンセに一番だと言われた」という旨のポストをしたりしているが、もしかしたらディストラックを返さないほうが得策かもしれないとも感じる。さらにRemy Maの旦那はあの狂犬MCのPapooseであるので、ハードなラップバトルでは勝てる気がしない。

このディストラックを聞いていたら元ネタのNas – Etherを聞きたくなった。久しぶりに聞いてみたらやはりNasがJay Zに宛てたディストラックは半端じゃなかったので、最後は元ネタで〆たいと思う。こちらもいつか解説したいと思う。

Remy V.S. Nickiの経緯はこちら