50 Centがデビュー直前に9発を撃たれた事件について語る。

 

銃撃されたラッパー

というと誰を思い浮かべるだろうか?2Pacやビギーも銃殺されているなか、9発も撃たれて生き延びているラッパーが50 Centである。彼はエミネムカニエ・ウェストなどと共に2000年代を代表するラッパーとなったが、有名になる前は他のラッパーと同様かそれ以上に様々な苦難と乗り越えてきたと言えるだろう。8歳の頃に母親がで発見され、少年時代にはハスラーとして生計を立てていたような人生を歩んでいるのだ。

そんな彼が巻き込まれた事件で最も有名なのが「9箇所撃たれた事件であろう」。その1999年の事件についてオプラ・ウィンフリーに語っている動画があるので、そちらを紹介したい。

 

(撃たれたときの状況を説明する50 Cent)

50 Cent:後ろに見えるのが俺の祖母の家だ。当時昼の12時くらいだったんだけど、祖母は庭に花を植えてて、俺は自分の車で友達を待っていたんだ。その時知らない車が近づいてきて、助手席から男が出てきて近づいてきたと思ったら撃たれたんだ。

 

動画の冒頭では50 Centが、祖母の家の前で起こった事件の状況について詳しく説明している。さらにインタビューでは、このように語っている。

➖ 実際に撃たれるというのは、どのような感覚だったのですか?

50 Cent: 皆が想像するような痛みは正直なかった。アドレナリンが放出されていたのもあったせいか、痛みよりも撃たれたことに対するショックの方が大きかったよ。痛みは後からやってきたね。

自分の両脚が折れていることにも気が付かなくて、病院に到着して車から降りようとしたときにやっと気がついたね。

➖ どこを撃たれたのですか?

50 Cent: 手と数回、脚を5回ぐらい、あとは顔かな。撃たれた瞬間は無感覚に近かったけど、その後俺は「恐れ」を感じるようになったんだ。

 

身体中のほとんどの部位を撃たれたと語る50 Cent。この事件はヒップホップファンの間では有名な話だが、実際に詳しく説明されるとその深刻さと恐ろしさが伝わってくる。撃たれた瞬間は「無感覚」だったと語る彼であるが、もちろん「恐れ」を感じるようになる。その恐れを彼はこのように乗り切った。

 

➖ 恐れるというと?

50 Cent: その事件に関わった人たちは全員自由の身なわけだから、二度目の被害に会う可能性も高くて、それを恐れていたんだ。でも治癒中に「恐れること」に疲れてきたんだ。このような感情をカバーするために俺ができることと言ったら「さらにアグレシッブになる」と「事件に関して怒る」ということだった。

撃たれてすぐは痛くなかったんだけど、いざ「大丈夫なんだ」って脳が理解すると逆に痛くなってくるんだ。骨が疼いて、何故か腰に「頭痛」みたいな痛みがあるし。

➖ 誰が犯人かは知っているのですか?

50 Cent: ああ、事件の直後誰がやったかを知ったよ。実際に撃ったやつは死んだよ。そいつに金を払って指示したやつは無期懲役だ。

 

さらっと笑顔で「犯人は死んだ」と語った50 Cent。その後「Ghetto Qu’ran」という曲が原因(という噂)で米国レコーディング業界のブラックリストに載ったり、米国でレコーディングをできなくなったりで、かなり前途多難であった彼であるが、最終的に彼の身が無事でここまで上り詰めたのはとても素晴らしいバイタリティであると感じる。

もし2003年のベスト・トラックでもあろう「In Da Club」すらリリースされず、命を失ってしまっていたら2000年代のヒップホップはどうなっていたのだろうか?銃撃事件に巻き込まれ命を失うラッパーは少なくないので、このような事件が少しでも減ることを祈るばかりだ。