ハッカーたちがラジオをハックし、YGの「Fuck Donald Trump」を流す。混沌の時代

 

2016年のNo.1プロテストソング

と言ったらYGの“FDT (Fuck Donald Trump)”であろう。反トランプであれ、トランプ派であれ、どちらにしてもこの曲が2016年という「混沌」を象徴する曲ということに賛成できるであろう。就任した今でもトランプに対するプロテストは続いており、エミネムもトランプをディスったヴァースをドロップした。そんなプロテストはデモだけにとどまらず、デジタルの世界にも影響を及ぼしている。

先日のAllhiphopニュースにてハッカーたちがラジオやケーブルテレビの電波をハックし、YGの「FDT」を15分に及び流したと報道されている。今年は去年以上の混乱の波が押し寄せてくるかもしれない。このようなときこそがヒップホップが人々の寄り添いどころになると信じている。

この混乱の時代に突入する今だからこそ、是非政治とヒップホップ関連の記事も読んでもらいたいと感じる。

2016年にリリースされたプロテスト曲を5曲厳選し、解説。

【移民とヒップホップ】他国からアメリカンドリームを掴んだアーティスト5人

トランプ就任式にて演奏をしたことが叩かれているChrisette Micheleがオファーを受けた理由を説明

カニエ・ウェストのトランプ訪問にたいするYGとA$AP Fergの反応の違い。カニエの意図とは?