ザ・ルーツのBlack Thoughtがトップラッパーかどうかという議論。皆さんはどう思いますか?

 

ヒップホップ史上最も偉大なバンド

と言ったら確実にThe Roots(ザ・ルーツ)であろう。1987年にドラマーQuestlove(クエストラブ)とラッパーBlack Thought(ブラック・ソート)によって結成されたこのバンドは生音ヒップホップバンド代表であり、まさに「伝説的な」存在である。Questloveのドラムはもちろん最高峰のグルーヴとして知られているが、Black Thoughtのラップのスキルも確実にトップレベルである。

QuestloveがD’Angelo「Voodoo」のドラミングを語ったインタビューをおさらいしよう

そんななか、以前「Nasのビートを選ぶセンスが悪い」と発言した有名インタビューアーのDJ Vladが今度はこんな発言をしたのである。

 

DJ Vlad:俺はBlack Thoughtがトップラッパーだとは思わない。The Rootsの一員として素晴らしい功績を残してきたのはわかるが、MCとして、リリカルスキル的にもトップラッパーだとは思わない。ビギー、Jay Z、Nas、2Pac、J. Coleと同じレベルだとは思わない。むしろT.I.のほうが上手いと思う。

Lord Jamar(ブランド・ヌビアン):もしBlack ThoughtがトップレベルのMCだと思わらないならまじでヒップホップファンとしてどこかおかしいぞ。そもそも彼らとBlack Thoughtを比べるのが間違えてる。

 

DJ Vladの発言を聞いたときに「何言ってんだ」と思ってしまったが、実際にBlack Thoughtのラッパーとしてのスキルは過小評価されていると感じる。彼は間違いなくとトップリリシストであるが、Black Thoughtはヒップホップ音楽の最もピュアな状態を保っているのもあり、「あなたのトップラッパーは誰ですか?」という質問の回答としてなかなか出てこない答えでもあるのだ。ビギーや2Pacは「リリックスキル以外」でも評価され、メインストリームでの成功/レガシーがあるため大多数の人の口から出る名前であるが、Black Thoughtはとんでもなく過小評価されている。

DJ Vladが挙げた名前はそもそもリリカルスキル以外の「キャラ」も含めて、メインストリームにて評価されている人たちなので、Black Thoughtとは同列で語ってはいけないと感じる。(同列で語ったとしてもJ. ColeやT.I.のほうがBlack Thoughtよりラッパーとして「上手い」かは疑問である。)韻の踏み方、パンチライン、ボキャブラリーの多さ、全てをとってもBlack Thoughtは一流であろう。先日の「シェイクスピアより語彙力があるラッパーたち」という記事でもBlack Thoughtはリストに含まれている。(下記の動画はBlack Thoughtの印象的なヴァースがまとめられているのでオススメである)

そもそもDJ VladはNasの件もあり、単に最世界数を稼ぐために言っているのかもしれないが、どのような基準で「上手い」と語っているのかが疑問である。いつかBlack Thoughtのリリックスキルを解説する記事でも書きたいところだ。皆さんはBlack ThoughtのMCとしてのスキルをどう思いますか?