Travis Scottが新曲3曲をリリースするも、ファンから意外な反応!?

 

 

ファンにとって新曲3曲

も一気にリリースされたらそれは嬉しいだろう。特に近年は楽曲を物凄いペースでリリースするアーティストが増えており、Russのようにそのペースをコンスタントに保っている者もいる。

人気急上昇中のRussがどのようにしてカムアップしたかを語る。インディーズアーティストは必見

そして本日3曲新曲を発表したのはTravis Scottだ。彼は本日サウンドクラウドにてその3曲たちを発表したのだが、もちろん米ヒップホップメディアたちはいつも通り「🔥🔥🔥」のように炎の絵文字を多用し、それをPRした。下記がそれらの曲である。

これらの曲を絶賛するファンが多いなか、実際これらのコメント欄を見てみると意外なレスポンスも多いことが見ることができる。「ミックスが良くない」やら「ボーカルがデカイ」やら、特にGreen & Purpleに関しては「オートチューンのキーが違う」というコメントも多く寄せられている。正直最初に聞いたときに私も同じ感想を抱いたが、米メディアでもそのように批評しているところもあった。

確かにアルバムに入らない「残り物」的な扱いとしてリリースされたのかも知れないが、Travis Scottレベルのアーティストであればエンジニアもプロフェッシャルを雇っていることだろう。ここで思い出したのが、今年の3月にTravis Scottが自主レーベルを立ち上げるというニュースである。

Travis Scottが自身のレーベル「Cactus Jack Records」を設立。彼の想いとは?

これらの楽曲がいつレコーディング/ミックスされたものか定かではないし、この自主レーベルが実際にどこまで動いているかも定かではないが、もしこれが新レーベルの素材だとしたら少し不安を覚えるファンもいるかもしれない。もちろん制作に本腰を入れていないトラックだとは思うが、新レーベルからリリースされるものが、どのようなものになるかが待てないというファンも多いだろう。インディーズレーベルと言えば下記の記事もとてもオススメである。

Stones Throwがレーベルとして何故最高にイケてるのか?創業者Peanut Butter Wolfの理念から見るその理由

playatuner side banner

いいね!して、ちょっと「濃い」
ヒップホップ記事をチェック!