Jay-Zが一晩で980万円分のシャンパンをオーダーしたことから見る彼のビジネス。支出を投資に変える術

 

 

ラッパー/事業家

として成功したアーティストと言ったらやはりJay-Zを思い浮かべる人は多いだろう。彼のビジネススキルであったり、戦略/戦術についてはPlayatunerにて何度も紹介してきたが、彼のインタビューで最も印象深かったのが「人々はプロセスではなく、結果だけを真似する」という話である。

Jay-Z「人々は結果だけを真似ようとする」彼の言う「結果とプロセス」について考えてみる

 

そんな「人々は結果だけを真似ようとする」に通ずるかもしれない、彼が最近見せたビジネススキルを紹介したい。

米ツイッターでは「Jay-Zが一晩でクラブで豪遊した」ということが話題になっているのだ。彼が一晩で$91,135(980万円)分のシャンパンを注文し、支払ったという旨のレシート画像がSNS上で浮上しており、米ツイッターユーザーたちが「さすがJay-Z!」というテンションで盛り上がっている。Playatunerはゴシップ誌ではないので、普段であればセレブが何を購入したかなどの情報は興味がないが、これに関してはプロセスを参考にできる「ビジネス的」なシグニフィカンスがあるのだ。(少し考え過ぎかもしれないが)

セレブニュースを扱うPageSixによると、Jay-Z一味はRoc Nation Sportsの代表でもあり、友人でもあるJuan “OG” Perezの誕生日を祝うために「Zuma」という日本料理店とMade in Mexicoというメキシコ料理店に行った後にNYのクラブ「Playroom」に寄ったらしい。そして最後に寄ったこのクラブにて事件は起こった。実際にはJay-Z本人がこの事実をコンファームしているわけではないので、Playroomで働いている人物がスナップチャットにアップしたレシート画像だけのソースになってしまうが、Jay-Zはそこでシャンパン「Ace of Spades」を40本オーダーし、980万円の支払いをしたと報道されている。

なお、近年はネタ投稿が「真実」になってしまうことがあるので、これが本当にJay-Zが支払ったものかは定かではないが、当日の彼の動向からしてこれがJay-Zである確率が高い。何故かと言うと、この「Ace of Spades」というシャンパンはJay-Zが保有しているブランドなのだ。

1000万円近くを支払ったとして、彼は恐らくこれを経費で落としているだろう。もちろん税金対策になるが、これは「自分が購入したブランドにお金を落とす」という大きな意味を持つ。自分のサークル内にて、独自の経済圏を作ることができているのだ。そのため、自分が大金を使ったとしても、最終的には巡り巡って自分に戻ってくる。さらに、Jay-Zは40本ものシャンパンを6人で飲んだわけではなく、他のテーブルに配布していたらしい。今まで飲んだことなかったとしてもJay-Zからボトルをもらったとしたら、「次回も頼んでみようかな」という気持ちになってしまうだろう。経済力を使い、ある意味試供品のような配り方をしたのである。さらに、このレシート画像がバズったことによる宣伝効果は確実に1000万円以上あるだろう。この画像がきっかけで「Ace of Spades」について取り上げたメディアは非常に多い。

 

以前Tech N9neのレーベル「Strange Music」のCEOがビジネスについて語るという記事を書いたが、そちらにも似たような事例があったことを思い出した。Tech N9neのレーベルでは、仲介業者を「排除」するために自社でグッズを作る工場やスタジオを運営しているのだが、上記の「独自の経済圏を作る」ということと共通してくる。書いた当初は単純に「仲介をなくし、売上をアップする」という意味だと思っていたが、これは「自分で使う全てのお金が自分への投資になるようなシステムを作る」ことなのかもしれない、と今回のJay-Zの件を見て感じた。もしかしたら世の中の「成功」状態を維持している人たちは、そのようなシステムづくりが上手いのかもしれない。

これはJay-Zの投資について同じことが言えるだろう。彼の「Story of O.J.」がただのアドバイスではないことが伝わってくる。「結果」の真似をして「クラブでシャンパンで豪遊!」するのではなく、自分の「支出」をどのように「投資」に変えるかの「プロセス」を真似しようという彼の助言にも見えてくる。

ライター紹介:渡邉航光(Kaz Skellington):カリフォルニア州OC育ちのラッパー兼Playatunerの代表。FUJI ROCK 2015に出演したumber session tribeのMCとしても活動をしている。

playatuner side banner

いいね!して、ちょっと「濃い」
ヒップホップ記事をチェック!