Vince Staplesがデフ・ジャムとの驚きの契約内容を明かす

Writer: Luther

 

Vince Staples

近日公開予定の最新アルバムのタイトルが発表されたVince Staples。ラッパーとしての彼を表現すると「インテリ」「独善的」など、アーティストとして音楽に固執している姿が容易に想像できる。しかし彼はなんと「人を殺してみたかったから」という理由でギャングに所属していた経歴すらも持っている人物なのである。

アーティストとしての彼の姿が実際にわかるエピソードがあったので、紹介したいと思う。こちらのVulture誌によるインタビューでは、そんな彼のEP「Prima Donna」を通して、私生活を含めたエピソードを紹介していた。その中ではデフ・ジャムとの契約についても記載されているのだが、彼はかなり特徴的な契約をしているようだ。

その内容とはつまり、「通常より低い予算を条件として、自身のアーティストとしてのプライドの尊重と、プロジェクト制作における膨大な時間を例外なく与えられる」ということである。

なんと彼は自分の音楽性を追求するために、レーベルからの支払いを自ら減額させたのだという。Mac MillerがA&Rを持たないという記事でも紹介したように、やはり現代の音楽業界ではアーティストの個性が尊重されているように感じる。自身の活動を妨げるようなレーベルと契約してしまうアーティストはどの時代にもいるので、Staplesのように自分に合った契約を結ぶ必要があるのだろう。