フィラデルフィアの「Love Park」から見るストリートカルチャーの栄枯盛衰【スケートボード】

 

ローカルにフォーカス

Playatunerでは今までコンプトンなどのローカルを紹介するツアーの実態などについて書いてきた。私は狭い範囲でグツグツと煮えたぎるような「密度」の高いローカルシーンについて読むとテンションが上がるので、今後も是非ローカルにフォーカスする記事を書きたいと感じていた。そのような想いもあり、ローカルに住んでいる人たちを巻き込んだりして「ローカルにフォーカス」というシリーズを始めたいと思う。

コンプトン等のLAヒップホップゆかりのフッドを案内してくれる「Hood Lifeツアー」

ヒップホップと言えばブルックリン/ブロンクス/LA当たりについて読みたい方が多いと思うが、それはローカルについて詳しい方に書いてもらったほうが面白いと感じた。どこにしようか考えているとき、まだあまり日本ではフォーカスされていなく、自分が面白いと思ったムーブメントがフィラデルフィアにあったのを思い出したので紹介をしたいと思う。なお、私自身はここには行ったこともないので、ドキュメンタリーを紹介/解説しつつ、そこから学べることを考察をしたいと思う。

初回で紹介をするのはフィラデルフィアにあった「LOVE PARK」という公園だ。スケートボーダーであれば、この公園のフッテージを見たことがあるだろう。今では閉鎖されてしまったこの公園、何があったのだろうか?スケートボーダーたちのメッカとなり、さらに閉鎖していくまでを紹介させて頂く。

 

 

スケートメッカへの道


「スケートに関してはバルセロナ、パリ、LAのように素晴らしい場所があるが、LOVE PARKほど完璧な場所はなかった」

プロスケーターのJosh KalisはLOVE PARKについてこのように語っている。LOVE PARKの正式名称は「John F. Kennedy Plaza」であり、フィラデルフィアの街づくりを担当をしていたEdmund Baconによって1932年に発案された。1965年に建設が完了したこの公園だが、Edmund本人は「自分たちの仕事が世界的に有名になるとは思わなかった」と語っている。

このパークの特徴はLOVEという文字で構成されたオブジェである。このLOVEというサインは新宿や世界中に存在しているが、スケートボーダーにとってはここがメッカである。

 

元々はスケートボーディングはカリフォルニアにて生まれたスポーツであったので、あまりフィラデルフィアのシーンは注目されていなかった。80年代はまだ、後のトッププロとなる子供たちの遊び場程度の場所であったのだ。90年代に入り、そんなLOVE PARKの知名度に大きく貢献したのがDan Wolfeというビデオグラファーであった。彼は毎日LOVE PARKに通い、スケーターたちを撮影/編集をし、世の中に発信し続けたのである。そのなかで活躍していたスケーターの1人が、後のトッププロとなるRicky Oyola(リッキー・オヨラ)であった。彼らはフィラデルフィアのスケート認知度を高めるためにも、毎日LOVE PARKにて撮影をしていたのである。

LOVE PARKはスムーズな路面だけではなく、ストリートスケーティングに必要なレッジやステアなどが備わっていた。その活動がローカル内で広まったのもあり、まだ子供であったBam Margera、Kerry Getz、Josh Kalis、そしてヒップホップとスケートの繋げ役としても多大な影響を及ぼした黒人スケーターStevie Williams(スティービー・ウィリアムズ)などのローカルスケーターたちを惹きつけたのだ。惹きつけたというよりは、LOVE PARKが育てたと言っても過言ではないだろう。ここに通っていたスケーターたちは他のスポットに比べると恐ろしいスピードで上達をしていったと語られている。

一時的な停滞

人間は、一つの場所にて様々な人たちを共存させると、争いを起こす生物のようだ。LOVE PARKでも仲の良いグループで固まり、他のグループとはよろしくやらない人たちも出てきた。それが原因で離れた人たちもいたが、今ではトッププロのJosh KalisがLOVE PARKを再生したのである。一旦は誰もいなくなった公園に活気を戻したおけで、その後プロになった彼の仲間たちも多数いた。しかし注目を浴びすぎたのもあり、あまりにも人が集まってしまったのである。

 

LOVE PARKの衰退


弊メディアはヒップホップメディアであり、スケートメディアではないのであまりスケーティングに関して深くは入らないが、LOVE PARKの衰退から学べることはたくさんある。90年代後半に入り、LOVE PARKはあまりにも有名になり、アメリカ中から人が集まるようになった。「公園が破壊されている」という名目の元、LOVE PARKはスケート禁止になり、大勢の覆面警官が集まるようになったのだ。子供たちは警官を見る度に逃げるようになり、ここでのスケートは難しくなった。LOVE PARKの衰退から「ストリートカルチャー」の良い面や、学べることがあるので紹介したいと思う。

 

スケーターたちの観光スポット化

街に誤算があったと言えば、フィラデルフィアのスケートシーンの知名度の大きさを把握していなかったことである。市は世界中から人が集まる名スポットになっていることを理解していなかったのである。元々特にアピールポイントがなかったフィラデルフィアに、「メッカ」として最高の称号を与えたのはスケートボーディングだと語られている。周りのスケートショップなども潤い、わざわざ州外からも通う人たちがいたのである。LOVE PARKにてスケートできなくなった今、フィラデルフィアにおけるそのメリットは完全に無くなったとも言える。

 

人がいることの安全性

スケート禁止になった背景として「スケーターたちが市民に危険を及ぼしている」という理由があった。しかしスケーターたちがいなくなり、LOVE PARKには誰もいなくなったのである。夜にはただの暗い広場になったのもあり、仕事帰りの人たちも公園を通らなくなったのである。誰も使用しない状況が続くと、次は何が起きるのだろうか? それは別の犯罪行為である。スケーターたちで賑わっていた公園は一気にドラッグディーラーたちの取引所となった。さらにはホームレスたちが集まるようになり、なおさら誰も近づくことができない場所となった。

 

市の対応

大きな問題となったのが市の対応である。実はスケートの最大の大会「X Games」がLOVE PARK付近で行われたことを知っているだろうか?具体的にはX GamesとしてはLOVE PARKで開催したかったが、市が市議会所での開催を定めたため、市議会での開催になった。そのX Gamesは千人以上の動員を記録し、80億円以上の経済効果をもたらした。そのため、そこではお互い折り合いをつけているように見えた。しかし市はX Gamesの売上をゲットした直後にスケートボードを完全に禁止したのである。市長が会場にて笑顔で拍手をしていた大会であったが、その次の日には完全禁止になり、挙げ句の果てには公園が全面的に立ち入り禁止になったのだ。その偽善者的な行動を受け、数多くのスケーターたちがフィラデルフィアから出ていく選択を取ったと語られている。

 

LOVE PARKは今でも閉鎖されており、スケートメッカとは程遠い場所になっている。当初この公園を開発したEdmund氏も「街に活気を与えているスケートを禁止するとはなんてことだ!」と怒っている。その後はホームレスやドラッグディーラーの巣窟となり、完全閉鎖まで追い込まれ、誰も近づかない場所となった。スケーターたちがこの公園に「命」を与えたと言っても過言ではないのだろうか?もちろんスケートのために作られた場所ではないが、ドラッグディーラーやホームレスがいる状況よりは、20人の子供たちがスケートしている状況のほうが安全ではないだろうか?

確かにスケートをするべき場所ではないスポットはたくさんあり、実際にマナー問題になっているスポットも少なくはない。しかしLOVE PARKのケースに関しては、市はもっと最適な選択をすべきだったと感じる。これはスケートボーディングだけではなく、ストリートカルチャー全般に言えることかも知れない。スケートやヒップホップのような「夢中になれるもの」があるからこそ、子供たちが道を踏み外さない場合も多いのだろう。ストリートで生まれるものは人為的であったとしても、やはり自然発生なのである。そこに必要であったから発生し、発展していくことによりそれが「文化」となり、さらには世界へ誇れる強みになる場合もある。真の「街づくり」というものは、人々のムーブメントからおきるのかもしれない。

ヒップホップ曲を使用しているイケてるスケートボードビデオ10選

いいね!して、ちょっと「濃い」
ヒップホップ記事をチェック!