Anderson .Paak、Dr. DreやQティップとの共演についてファレルと語る。

Pharrell WilliamsとScott Venerがパーソナリティーをつとめる、「OTHERtone」というBeats 1の番組はご存知だろうか?

今回は、先週のOTHERtoneにAnderson .Paakが出演した際、彼が語った内容を紹介しようと思う。

 

Pharrell:Dreとのアルバム”Compton”での君は、素晴らしかったと思う。

Scott:やっぱり、あれがきっかけで自身の知名度がかなり上がったと思う?

Anderson .Paak:そう思うよ。あれは俺にとってのプラットフォームだったと思う。Dreがアルバムを出したときに、6曲も参加して、みんな”誰だこいつ?”って感じだったよな。それ以降色んな人から依頼がきたりしたよ。

 

Breezy Lovejoy名義でアルバムを発表したり、LAを拠点に活動をする韓国人ラッパーDumbfoundeadドラマーとして活動するなど、たしかに彼は少しずつキャリアを重ねていた。しかし彼の知名度が爆発的に広まったのは間違いなく、Dr.Dreとの共演がきっかけと言えるだろう。

 

Anderson .Paak:同じ部屋にいるってだけでも夢のようなことだったからね。アルバムを一緒に作るなんて、想像すらできなかったよ。

すべてが余りにも早く進みすぎて、実際にアルバムが発表されたのを見てさ。
「マジかよ…こんなに俺ばっかりにしなくても」って思ったよ笑

 

さらに彼はDr. Dreと曲をつくりあげるということが、どのようなことかを説明してくれた。

 

Anderson .Paak:Dreと仕事するときはそれが実際にアルバムのためなのかどうかわからないんだ。

曲をつくったあと一晩たっても、Dreがその曲を気に入ってたらラッキーだよ。

例えば15時間スタジオで作業した次の日に「あの曲どうするの?」って聴くと、「どの曲のこと?」って返ってきたりするんだ(笑)彼は単に楽しむために、スポーツ感覚で本気で曲作りをするような人だからね。

Dreとのスタジオセッションは、色んな人が試行錯誤をしているのを見るだけでも価値があるものだから、曲をリリースするために参加しているとは考えてはいないよ。

 

さらに彼は驚きの事実を発表した。なんとA Tribe Called QuestのQティップとのコラボプロジェクトがまだいくつか眠っているらしい。どのアルバムに含まれるかは定かではないと語っているが、確実にいつかリリースされるとのこと。

 

Andeson .Paak:Qティップの作業スタイルは面白くて、曲の色々なところに風呂敷を広げて、点々とつくっていたらいつのまにかその点同士が繋がって曲が出来上がっているんだ。

 

またDJ Quikとのプロジェクトもあるらしい。またリリースされていないDreとのレコードもあるらしいので、こちら側の人としては早くリリースしてほしい限りだ。