ケンドリック・ラマーのアルバムタイトルとトラックリストが公開!あの偽トラックリストはなんだったのか?

 

4月7日

に発売されると期待されていたが、実際には4月14日に発売となったケンドリック・ラマーの新アルバム。彼が先行リリースしたシングル「Humble」はビルボード2位デビューとなりラップ曲としてはエミネムのNot Afraid以来のチャートデビューである。Dave MeyersがディレクションしたクリエイティブなMVもとても話題となった。

The Heart Part4の解説はこちら

そんな彼の新アルバムのクレジットらしきものがネット上に流出してたのを覚えているだろうか?「ヒップホップアベンジャーズかよ」とツッコみたくなった内容だが、その後iTunesの先行予約ページにて公開されていた正式なクレジットが出てきたため、先程の流出していたものがデマだと確定した。そして本日、彼の新アルバムのタイトルとトラックリストが公開されたのである。

タイトルは「DAMN.」

Kendrick Lamar — DAMN.

1. BLOOD.
2. DNA.
3. YAH.
4. ELEMENT.
5. LOYALTY. (feat. Rihanna)
6. PRIDE.
7. HUMBLE.
8. LUST.
9. LOVE.
10. XXX. (feat. U2)
11. FEAR.
12. GOD.
13. DUCKWORTH.

フィーチャーはRihannaとU2だけとなっており、特にU2とのコラボはどのような内容になるかが想像がつかないのでとても楽しみである。裏面のジャケットを見る限り90sヒップホップアルバムの色使いっぽいと感じたのは私だけだろうか?以前ケンドリックは「次のアルバムは”神”についてラップする」と語っているが、トラック12には「GOD.」というトラック名が見える。さらに気がつくのは全曲が1単語でできており、文字の後に「.」が付いていることである。コンセプトアルバムではこのように全曲1単語で統一するという手法は頻繁に見るが、彼の意図はどのようなものなのだろうか?

そしてもう一つの疑問は当初流出していたと思われていた偽トラックリストを作った人の存在である。単に遊びで誰かが作ったものなのだろうが、恐ろしく「それっぽい」のである。さらにケンドリックと周りのミュージシャンの交友関係にも詳しい人であることがわかる。まんまと騙されてしまった。ここ再度「To Pimp a Butterfly」のサウンドに大いに貢献したThundercatの偽トラックリストに対する反応ツイートを見てみよう。

ケンドリックのアルバムコラボは鉄拳のタッグトーナメントみたいなメンツだな

もしかして犯人はThundercat?(だったら面白い)