ケンドリックの新アルバム「DAMN.」にフィーチャーされている「Zacari」って一体どんなアーティスト?

https://twitter.com/Zacarip

 

ケンドリック・ラマー

の新アルバム「DAMN.」のトラックリストが公開され、ついにリリースが迫った。「The Heart Part4」がリリースされ「4月7日」という日程が有力とされていたが、4月14日にリリースされると発表されると同時にクレジットなども公開された(日本でのDL販売は4月16日説がある)。そんな「DAMN.」にはリアーナとU2がフィーチャーされており、クレジットによるとKaytranadaとBADBADNOTGOODも参加していることがわかる。

リアーナやU2がフィーチャリングされているなか、「LOVE.」という曲にて「Zacari」というアーティストがフィーチャリングされているのだ。彼は今までも表立った活動はそこまでしていないアーティストなのだが、ケンドリックのアルバムが発売になり、人気アーティストになる前に紹介したいと思う。

ケンドリック「DAMN.」のラスト「DUCKWORTH.」に込められたストーリーを解説/考察

Zacariのサウンドクラウドによると、彼はLAをベースに活動しているシンガー/ソングライターである。TDE所属のIsaiah Rashadのファンであればもしかしたら彼の名前を「Wat’s Wrong」という曲で見たことがあるだろう。ケンドリックがフィーチャリングされている当曲にてサビを歌っているのだ。さらにAb-Soulの「Raw(Backwards)」にも参加している。

米DJBoothによると、彼のマネージャーはTDE代表のAnthony Tiffithの息子であり、彼はTDEに所属しているわけではないが、TDEと親密な関係であることがわかる。彼のソロ曲はソウルフルであり、かつ音楽的センスの固まるだと感じる。

こちらの曲ではJosh J.のブルージーなギターとサックスのフレーズがとても印象的であり、Zacariの声と素晴らしくマッチしていると感じる。この曲だけでも彼のポテンシャルを理解することができる。恐らくここ数年でトップミュージシャンになることが予想できるであろう。さらにこちらの曲ではハウス/ディスコインスパイアなサウンドも取り入れており、まさにKaytranadaとコラボをしたら面白くなりそうな雰囲気を醸し出している。

もちろんケンドリックの「DAMN.」も楽しみであるが、Zacariのような素晴らしいアーティストを世界に紹介してくれたことに感謝をしたい。今後彼の名前は世界に広まることになるだろう。

いいね!して、ちょっと「濃い」
ヒップホップ記事をチェック!