コンプトンベテランのMC EihtとDJ Premierのアルバム「Which Way iz West」が発表。アルバムに込められた想いとは?

 

コンプトンのベテラン

という言葉を聞いたとき、誰を思い浮かべるだろうか?このような質問はいつもPlayatunerで問いかけることであるが、「コンプトン」で括ると人物は絞られてくる。そのなかに確実に入るのはCompton’s Most WantedのMC Eiht(MCエイト)であろう。彼はジョージア生まれ、コンプトン育ちのギャングスターラップを代表する存在である。

近年ではKendrick Lamarの楽曲「m.A.A.d. City 」にて参加したり、長年ビーフ状態にあったDJ Quikとコラボをしたりしており、今でもコンプトンベテランとして活動している。そんな彼がこの度10年ぶりに「Which Way Iz West」をリリースすることが決まったのだ。今回は一応ソロアルバム名義のような形であることが予想ができるが、DJ Premierが全曲エグゼクティブプロデュースしており、コラボと言っても過言ではないだろう。そのなかからWCをフィーチャリングした1stシングルの「Represent Like This」が公開された。

このトラックのプロデュースはBrenk Sinatraが担当をしており、DJ Premierのスクラッチも存分に聞くことができる。MC Eihtはタイトル「Which Way Iz West」というタイトルに関してHipHopDXにてこのように語っている。

 

Eiht:一時期、西海岸のベテランたちがキャリアを長続きさせるために流行りに乗りはじめたと感じたことがあった。もちろん時代に合わせることは大切だけど、西海岸のオリジナリティを無視してはいけないと感じたんだ。何年も同じページにいることは駄目だけど、どんなふうに自分たちが創造されたかを忘れてはいけない。だからこのアルバムは「Which Way Iz West(どっち方向がWestだ?)」という名前にしたかったんだ。人々に失った道や西海岸の本質に戻ることを思い出させたい。

 

GEAH OFFICIAL MF’Z CPT ALL DAE WWIW 2017 @djpremier @therealdubwc @brenksinatra

Eiht Comptonさん(@eiht0eiht)がシェアした投稿 –

トラックリストを見る限りかなりドープな西海岸アルバムになることが予想できる。DJ Premierがプロデュースをしていたら、完全に東海岸サウンドになりそうではあったが、どうやらこのアルバムは両方の良いところを取っているのだろう。The Outlawz、WC、Lady of Rage、Kurupt、Xzibit、CMWなど、西海岸ファンであれば確実にテンションがあがるメンツが参加をしている。

  1. Shut ‘Em Down f. The Outlawz
  2.  Represent Like This f. WC & DJ Premier
  3.  Compton Zoo
  4.  Heart Cold f. Lady Of Rage
  5.  Pass Me By f. B-Real
  6.  Runn The Blocc f. MayLAy
  7.  Gangsta Gangsta f. Kurupt
  8.  Got That
  9.  Medicate f. Xzibit
10.  Born To Hustle f. Big Mike
11.  Sittin’ Around Smokin’
12.  As I Proceed
13.  Last Ones Left f. Compton’s Most Wanted & DJ Premier
14. “4 Tha OG’z” f. Bumpy Knuckles
15.  “You Nia’z”

We Come Strapped

We Come Strapped

posted with amazlet at 17.04.29
Mc Eiht Cmw
Sbme Special Mkts. (2008-02-01)
売り上げランキング: 377,099

近年ではTha Dogg Poundの伝記ドラマが制作中であったり、Snoop Doggの新曲が完全にG-Funkであったり、西海岸の復活が見えてきている。

スヌープ・ドッグの新アルバム「Neva Left」のアルバムカバーと新曲が公開!「Doggystyle」ファンは必見ジャケと曲

playatuner side banner

いいね!して、ちょっと「濃い」
ヒップホップ記事をチェック!